お金と健康の関係について考える

医療

お金と健康の関係について考える

健康を維持する事は、簡単なようで難しい。
日常生活の中で、健康を維持するためにやっている事と言えば、食生活に気をつけるとか、運動するとかである。
それでも、健康が維持できない時は、病院にいって、医者に見てもらうのが、普通の流れである。
その時、私達は、健康保険証を病院に提示し、医療費を払う事となる。
しかし、お金がない場合は、どうなるだろうか。
私の周りには、様々な事情をかかえているひとがいるが、お金がない人は、健康に問題があっても、病院にいけない人がいるのが現状である。
お金がないために、治療ができない人が、結構いる事に気づいたのである。
憲法の中でも、生存権があるのは、だれでも把握していることであるが、お金がないと治療ができない、所謂、お金がないと健康が維持できない現状があるのは、違憲ではないかと思うのである。
日本以外の国の中で、医療費が無料という国もあるが、やはり、命は、お金より大事なものであって、お金が無くても、守られなければならないものであると私は思う。

最新記事